日頃からEDを予防することは可能でしょうか

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Digg
Pocket
LINEで送る

いつEDを実感しましたか。
気付いた時には性欲が減退していましたか。
奥さんとはいつからご無沙汰ですか。
浮気や風俗もダメですか。
性機能は健康のバロメータでもあります。
日頃からメタボと同じく予防に努めましょう。
案外両者とも共通することがあるかもしれませんけどね。

おしゃれをしましょう

まず最初は、異性に興味を持ちましょう。
もちろん同性愛も否定しません。
戦国時代は男色も武将の嗜みだったとか。
いずれにしても自分にとっての性的対象を常にイメージしましょう。
とはいえストーカーなど犯罪にまで走ってはいけませんよ。
目安としては、
働いているならば会社へ行く際におしゃれをしましょう。
しかし奥さんに浮気と疑われないように。
逆に奥さんからも異性として見られるように心掛けてみましょう。
そういう意識を持つことが、
下半身の意欲を奮い立たせる要因でもあります。

適度なエロを鑑賞しましょう

大人になると変な自制が働きますね。もちろん犯罪は厳禁です。
不倫や浮気も危険です。ならば適度なエロを鑑賞しましょう。
今ならネット経由で様々な画像や動画が視聴できます。
とはいえダイレクトすぎると刺激に慣れてしまいます。
異常な性癖に流れてしまうこともあります。
すると生身の女性に反応しなくなることもあります。
注意しましょう。
これが性的不能の原因として昨今は増えているようです。
ちなみにお奨めは小説系です。
頭の中で如何わしいことを妄想する!
これが性的な刺激としてベストだそうです。
夕刊紙などのアダルト欄も効果的に利用しましょう。

生活習慣を治しましょう

近年問題視されているのが生活習慣病です。
気持ちは高ぶるのに物が立たない!まずは減量してみましょう。
なお排尿時に自分の一物が見えますか。
お腹が出っ張っていて見えないなら、要注意です。
また排尿の勢いも性的機能のバロメータになります。
残尿感がある場合には、一度お医者さんと相談してみましょう。
前立腺関連の病気もあります。それが原因かもしれません。
同時に性機能についても話してみましょう。

予防できますよ

EDは予防できます。つまり男性は生涯現役になれるからです。
これが健康のバロメータでもあります。
そのため変に性欲を制限してはいけません。
健全な性欲を保ち続けましょう。
なお自宅でマスターベーションできないからといって
マンガ喫茶は止めましょう。出禁になりますよ。
自宅でスリルを味わう!これも機能を高めるには効果的です。

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Digg
Pocket
LINEで送る