EDを薬で治しても大丈夫でしょうか

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Digg にシェア
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

ED=バイアグラ!そんな図式があります。
逆にバイアグラが代名詞になっているかもしれません。
とはいえ立たなくなったからといって
直ぐに薬を使うべきなのでしょうか。
しかし薬を使う前にできることがいくつかあります。
ちょっと気を配るだけで、
機能が改善することも稀ではありませんよ。

バイアグラは心臓に負担がかかります

バイアグラの主成分であるシルデナフィルは、
元々狭心症の薬でした。
そのため血液循環を促してくれます。
つまり心臓病の治療に使っている患者さんの副作用として、
勃起力も回復してしまったようです。
そこから世界的な製薬企業であるファイザーが
勃起不全の治療薬として商品化しました。
言い換えるなら、
バイアグラを服用すると心臓に過度な負担がかかります。
実際に使うと下が元気になります。
これまでにない高揚感を得られるようです。
そこで張り切りすぎて腹上死!寸前のケースが少なくありません。
利用に際しては注意事項を必ず読むようにしましょう。
また無理をしていはいけません。

肥満を解消するだけで回復しますよ

勃起しないのは生活習慣に起因している可能性もあります。
近年特に問題視されているのは運動不足や肥満です。
例えば体重を数キロ減らすだけでも、
性的機能が回復する事例は少なくありません。
逆に糖尿病や高血圧などの生活習慣病があると、
不能になりやすいとの指摘もあります。
子孫より自分の命を優先してしまうのでしょう。
毎日15分でも歩くようにしてみましょう。
規則正しい生活にしてみましょう。
妻も誘って一緒にダイエットしませんか。
妻が美しくなれば、お互いに楽しみたくなるかもしれません。

悩みはありませんか

頭と下半身は別物!よく指摘されます。
つまり好みの女性ではないのに、やることはやってしまう!
とはいえそれほど単純でもありません。
精神的なストレスも不能になる原因のひとつです。
仕事やプライベートで悩みはありませんか。
それを解消するだけでも違ってくることがあります。
一方で妻や恋人からの何気ない一言で傷付くこともあります。
よくあるのが「できないの」「だめね」
これで男のプライドが崩壊してしまうようです。
男は強くあるべきか。そんな強迫観念も悪循環になりがちです。
リラックスしてエロい妄想をしてみましょう。
それで立てれば大丈夫です。

薬は最後の手段です

日本人は薬が好きなようです。
薬を飲んで安心したいみたいですね。
とはいえ薬には副作用もあります。
薬を使いすぎると、効果が持続しなくなることもあります。
薬は最後の手段です。
なるべく生活習慣の改善によって
健康の一部として回復させていきましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Digg にシェア
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る